(最終更新日:2019-07-15 11:51:37)
  ムラタ シン   MURATA Shin
  村田 伸
   所属   京都橘大学  健康科学部 理学療法学科
   職種   教授
■ 学内役職・委員
1. 2019/04/01~ 京都橘大学大学院 健康科学研究科長
■ 学歴
1. 2003/04~2006/03 久留米大学大学院 心理学研究科 心理学専攻 博士課程修了 博士(心理学)
■ 専門分野
ヘルスプロモーション理学療法学, 健康心理学, 老年看護学 
■ 研究課題(テーマ)
1. 高齢者の主観的健康感に関する研究
2. 高齢者の簡易機能評価法の開発
3. 高齢者の転倒予防に関する研究
■ 著書
1. 2017/12 著書 『歩行分析:シート式足圧センサーを用いた歩行分析に関する研究』 学術研究出版 (単著) 
2. 2017/04 著書 『理学療法キャリア教育テキスト:大学で理学療法を学ぶ』 学術研究出版 (単著) 
3. 2016/04 著書 『生活環境学テキスト』 南江堂 (共著) 
4. 2016/04 著書 『疾患別日常生活活動学テキスト』 学術研究出版 (共著) 
5. 2016/03 著書 『老年期障害理学療法学テキスト』 学術研究出版 (共著) 
全件表示(26件)
■ 論文
1. 2019/05 学術論文 「足趾把持機能を高めるインソールが幼児の歩行に及ぼす効果」 体育の科学 69(5):377-381 (共著) 
2. 2019/04 学術論文 「中年女性のロコモティブシンドロームと身体組成および運動機能の特徴」 ヘルスプロモーション理学療法研究 9(1):19-23 (共著) 
3. 2019/04 学術論文 「幼児の重心動揺と歩行パラメータとの関連」 ヘルスプロモーション理学療法研究 9(1):7-11 (共著) 
4. 2019/04 学術論文 「施設入所後期高齢者を対象とした足趾把持バー付きルームシューズの介入効果」 ヘルスプロモーション理学療法研究 9(1):39-43 (共著) 
5. 2019/03 学術論文 「腰椎アライメントに着目した腰痛学級が腰痛者および腰痛既往者の身体機能・精神心理機能に与える効果の検証」 保健の科学 61(3):205-211 (共著) 
全件表示(451件)
■ 科研費・外部資金等
1. 2019/07~2021/03  パーキンソン病者が安全に行える「指リズム歩行トレーニング」の開発 挑戦的萌芽研究 
2. 2016/04~2021/03  効果的で継続しやすい介護予防プログラムの開発とシステム構築 基盤研究B 
3. 2015/04~2017/03  安全歩行検診システムの開発─多施設共同研究 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 
4. 2013/04~2015/03  虚弱高齢者にも安全に行えるバランスゲイトトレーニングの開発─多施設共同研究─ 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 
5. 2012/04~2013/03  介護予防体重計の開発 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究) 
全件表示(32件)