(最終更新日:2022-05-26 12:52:52)
  サキタ マサヒロ   SAKITA Masahiro
  﨑田 正博
   所属   京都橘大学  健康科学部 理学療法学科
   職種   教授
■ 学内役職・委員
1. 2022/04/01~ 京都橘大学 理学療法学科長
■ 学歴
1. 2013/04~2014/03 九州大学大学院 人間環境学府 行動システム専攻健康科学コース 博士課程修了 博士(人間環境学)
■ 専門分野
神経科学, リハビリテーション科学, 応用健康科学 (キーワード:理学療法学、神経・筋肉生理学、リハビリテーション科学、応用健康科学) 
■ 研究課題(テーマ)
1. 加齢による末梢神経、中枢神経および骨格筋の加齢性退行と酸化ストレスに関する研究
2. 脳内、末梢神経および骨格筋内の毛細血管構築における加齢性退行と改善治療開発に関する研究
■ 著書
1. 2014/01 著書(翻訳) 『Jacquelin Perry著
歩行分析―正常歩行と異常歩行(原著第2版)』 医歯薬出版 (その他) 
2. 2017/04 著書 『理学療法キャリア教育テキスト 大学で理学療法を学ぶ』 学術研究出版 (共著) 
3. 2007/03 著書 『こどもの理学療法』 神稜文庫 (共著) 
4. 2015/08 著書(翻訳) 『Paul Jackson Mansfield, Donald A. Neumann著 「エッセンシャルキネシオロジー原著第2版」』 南江堂 (共著) 
5. 2010/10 著書(翻訳) 『Paul Jackson Mansfield , Donald A.Neumann 著
エッセンシャルキネシオロジー』 南江堂 (その他) 
■ 論文
1. 2021/03 学術論文 「ラット遅筋の毛細血管構築に対する有酸素運動の効果」 International Association of Exercise Science 国際エクササイズ サイエンス学会誌 4(1):22-26 (共著) 
2. 2020/05 学術論文 「Effect of aerobic exercise on muscle structure and expression of proteins promoting hypertrophy and metabolism in aged rats」 Comparative Exercise Physiology Wageningen Academic Publishers 16(5):377-385 (共著) Link
3. 2020/03 学術論文 「腰痛の強さおよび他の部位の痛みの数の組み合わせと心理的因子との関連性」 日本運動器疼痛学会誌 12:3-10 (共著) 
4. 2020/02 学術論文 「Different patterns in age-related morphometric regression of myelinated fibers and capillaries of the tibial nerve: a longitudinal study in normal rats.」 Journal of Anatomy John Wiley & Sons, Inc. (共著) Link
5. 2018/12 学術論文 「Endurance exercise increases the protein levels of PGC-1α and respiratory chain complexes in mouse skeletal muscle during atorvastatin administration.」 Journal of Physiological Sciences Springer Nature 69(2):327-333 (共著) Link
全件表示(42件)
■ その他
1. 2015/07 その他(解説・一般記事) 足裏は脳に情報を伝えるセンサーの密集地帯!センサーの活性化が転倒防止のカギ 安心 マキノ出版 第33巻(第8号):134-137 (単著) 
2. 2013/11 書評 ―上杉雅之(監修)―「イラストでわかる小児理学療法」 理学療法ジャーナル Vol.47(No.11):999 (単著) 
■ 学会発表
1. 2021/06 Relationship between the Number of Pain Sites and Frailty in the Community-Dwelling Japanese Elder People(IASP 2021 Virtual World Congress on Pain)
2. 2020/03 ラットの速筋の有酸素運動後の毛細血管密度(第7回 国際エクササイズサイエンス学会)
3. 2019/05 加齢に伴う末梢神経内毛細血管構築の縦断的観察 -ラット脛骨神経の毛細血管3次元構築像による検討-(理学療法科学学会)
4. 2019/05 慢性腎不全ラットの有酸素運動によるアルブミンクレアチン比の変化と筋観察(理学療法科学学会)
5. 2019/05 ロコモティブシンドロームのロコモ度進 行に影響を及ぼす因子の探索(第24回総合理学療法研究会)
全件表示(66件)
■ 科研費・外部資金等
1. 2020/04~2023/03  末梢神経、骨格筋および毛細血管の縦断的同時多点解析による加齢に伴う退行様相の検証 若手研究 (代表) 
2. 2018/04~2021/03  糖尿病による末梢神経の酸化ストレスおよび栄養血管退行に対する運動療法の効果検証 基盤研究(C)(分担) 
3. 2017/04~2020/03  加齢と身体不活動に伴う末梢神経退行の縦断的検証と高齢期熱ストレス治療法の開発 基盤研究(C)(代表) 
4. 2017/04~2021/03  思春期マウスの隔離ストレスが社会的認知機能に及ぼす影響とその改善の試み 基盤研究(C)(分担) 
5. 2014/04~2017/03  加齢による末梢神経および毛細血管の退行に関する縦断的検証と高齢期運動介入の効果 基盤研究(C)(代表) 
全件表示(6件)
■ 受賞学術賞
1. 2018/09 アメリカ生理学会 優秀論文賞(APSselect award)アメリカ生理学会 (Remodelling of myelinated fibers and internal capillaries in distal peripheral nerves following aerobic exercise in aged rats)Link